胸大きく 乳腺

MENU

胸を大きくするには乳腺が大切?!

美しく大きいバストは女性の憧れでもあります。
しかし生活習慣や食生活の乱れからか、バストの大きさや形に悩む女性が増えてきています。
そのためさまざまなバストアップ関連商品が発売されていますよね。
バストアップのためにいろいろ試してきたという方も多いのではないでしょうか。
そして効果が現れたという方もいれば、全く効果が現れなかったという人もいらっしゃると思います。
その差は実は乳腺という組織にあったのです。

 

バストのしくみ

バストは脂肪と乳腺で出来ており、それをクーパー靭帯が引っ張るように支えています。
そしてそのクーパー靭帯を支えているのが大胸筋です。
脂肪と乳腺の割合は、脂肪9割、乳腺1割となっています。

 

乳腺はバストの中に張りめぐらされた状態で存在しています。
この乳腺は母乳を出すためのもの・・・というイメージが強いかもしれませんが、実はバストアップにも大きな効果があったのです。

 

バストアップを目指すときに脂肪だけを増やせば良いと思っている方も多いようですが、それは大きな間違いです。
バストを大きくするには、乳腺を発達させることがポイントとなってくるのです。

 

脂肪は乳腺を守るようについています。
乳腺を発達させることでそれを守ろうとする力が大きくなり、乳腺のまわりにさらに脂肪がつくのです。
その結果バストが大きくなります。
これが基本的なバストアップの仕組みです。

 

乳腺を発達させるには

乳腺を発達させるには、まず何よりも女性ホルモンを分泌させることが大切になってきます。
「女性ホルモンを分泌させる」と聞くと、なんだか難しい印象がありますが意外と簡単にできるものです。

 

まずできることは、食事から女性ホルモンを分泌させる作用のあるものを摂るという事です。
大豆食品に含まれている「大豆イソフラボン」やキャベツに含まれている「ボロン」にはその作用があります。
イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれますし、ボロンは女性ホルモンの分泌を活性化させる作用があります。
この2つの栄養素を積極的に摂り入れることにより、乳腺を発達させバストアップが期待できるのです。
ただしボロンは熱に弱いので、キャベツは生のままで食べることをおススメします。

 

乳腺を刺激するマッサージ

バストマッサージを行うことで乳腺を刺激することができます。
乳腺を刺激すると女性ホルモンの分泌が活発になるのです。

 

・乳腺を刺激するマッサージの方法
@ 右手を左胸の下に入れます。
わき腹のあたりからグイッと引き上げるようにし、谷間を通って右胸の上へ流すようにします。
8の字を書くイメージで行ってください。
左右交互に各10回ずつ行います。
A バストを全体的に細かくつまみます。
この「つまむ」という行為が、乳腺を刺激し発達させるポイントなのです。
B 両手でバストを包むようにします。
右胸を包むときは、右手を下に左手をバストの上に持ってきます。
左胸はその反対です。
そこから円を描くようにマッサージしてください。
力を入れすぎないよう優しく行うのがポイントです。

 

マッサージをするときは、オイルやクリームを使うと滑りが良くなりスムーズにできますよ。

 

マッサージは出来るだけ毎日行いましょう。
血行が良くなっているお風呂上りに行うと、よりバストアップの効果が出ます。

 

乳腺を刺激するツボ

マッサージは直接、乳腺を刺激するのでバストアップの効果があります。
それ以外にも効果的なのが、乳腺を刺激するツボを押さえることです。

 

その代表的ものは「天溪(てんけい)」と呼ばれるツボです。
天溪は乳頭から真っ直ぐ横に行ったところ、脇のあたりにあります。
肋骨と肋骨の間にあるので、そのあたりを押してみて痛気持ちいいと感じるところです。

 

そこを左右同時に親指で押します。
この時下から持ち上げるようにして押すのがポイントです。
バストを手のひらで持ち上げるようにすると、押しやすいですよ。

 

直接乳腺を刺激するのはこのツボですが、同時に女性ホルモンの分泌を促進させるツボや血行を良くするツボを押すと、さらにバストアップの効果が期待できますよ。
・女性ホルモンの分泌を促進させるツボ
壇中(だんちゅう)・・・左右の乳頭のちょうど真ん中にあります。ここをゆっくりと押すことで女性ホルモンの分泌が促進されます。3秒間押すのを5回ほど繰り返してください。

 

・血行を良くするツボ
渕腋(えんえき)・・・乳頭から10センチくらい外側の脇の下あたりにあります。先ほどの天溪よりも少し下の位置です。ここを親指で両方同時に押します。5秒ほどゆっくりと押します。

 

これらのツボを上手く活用して、乳腺を刺激しながらバストアップを目指しましょう。

 

おわりに

バストアップには、乳腺と言う組織が関係しており、それを発達させる事が大切だったのです。
そのためには女性ホルモンのエストロゲンが欠かせないので、生活習慣や食生活を整えてたくさん分泌させていくことが必要です。

 

今までいろいろなバストアップ対策を行っても、全く効果がなかったという方も、今回ご紹介した方法で、乳腺を刺激し発達させてみましょう。
きっと美しく綺麗なバストになれるはずですよ。

 

女子高生のバストアップ研究会|プルプルボインになるよー